繊維から織れる。成形法のバリエーション。サカイ・コンポジット(株)

4月21日(火)、16社中最後の訪問取材は、島田市にあるサカイ・コンポジット株式会社さんです。
対応して頂いたのは、営業部課長の小島晃尚さんです。
サカイグループとしての機械要素技術展の参加は、昨年に引き続き2回目です。(^^)

サカイ-91
小島課長、本日はよろしくお願い致します。

今回出展する製品について教えて下さい。(^^)

「炭素繊維強化プラスチックに必要な基材(原糸を織った織物)、
 織物に樹脂をつけたプリプレグ(中間基材)と言われるシート、
 後は、基材を使った成形品を展示します」(小島課長)

サカイ-05 サカイ-06

サカイ-92
私たちには成形方法も6種類以上のバリエーションがあるのですが、
 今回はその中でも、量産に対応できるプレス成形と引抜成形
 アピールしたいと思っています」(小島課長)

サカイ-15サカイ-16サカイ-17
写真:プレス成形の様子です。寸法精度の高い成形品が量産できます。(^^)
   プリプレグ(中間基材)を用いた成形方法です。月に1,000~10,000の実績あり!
サカイ-19サカイ-20サカイ-22
写真:引抜成形の様子です。この成形で何が出来るかは後述します。お楽しみに!(^^)

製品の特徴やセールスポイントを教えて下さい。

「炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の特徴としては、一般的には『軽くて強い』ですが、
 それにプラスする要素として、高い寸法安定性、通電性がある、高弾性、高剛性、振動
 減衰性が優れているなどがあります。これら特徴を踏まえご提案致します」(小島課長)

サカイ-02サカイ-03サカイ-04
成形方法のバリエーションについて教えて下さい。

「主に熱硬化性の樹脂を使った成形方法の設備がございます。
 棒やパイプなどに適した引抜成形、寸法精度の高いプレス成形、
 シートを型に巻き付けて作るシートワインディング成形、真空バック成形、
 航空機部品に使われるオートクレーブ成形などがございます」(小島課長)

サカイ-93
会社としての強みは、どんなところでしょうか?

「織物の設計から出来る点です。糸を選択できますし、それを織物に
 することも出来ます。樹脂をつけることも出来ます。つまり、お客様の
 ニーズに合わせた形で成形方法を選択できる
ところです」(小島課長)

お客様にとってはどんなメリットがあるのでしょう?? (゚△゚;)!?

「例えば1つの製品を作るにしても、お客様が求めている精度・物性・
 数量・コストに合わせて色々な方法をご提示できますので、お客様は
 沢山の選択肢の中から選べる
ということです」(小島課長)

精度、コストなど色々な面で満足度の高い製品が作れる、ということですね。(#^^#)

サカイ-01
「例えばこの織物でも、黒い所が炭素繊維、白い所がガラス繊維を
 織り込んだもので織り組織を変えることで、この様な模様を付ける
 ことも出来ます。黄色いのはアラミド繊維とのハイブリッドです。
 同じ炭素繊維でも物性の違うものを縦糸横糸に使うことで、必要な
 方向にご要望の強度を持った成形品を作ることが出来ます」(小島課長)

サカイ-24サカイ-23サカイ-21
写真:見よ!この撓みを!(左)。前述の答えは「つり竿の穂先」でした~!(笑)

サカイ-14 サカイ-13
写真:展示会当日はこのベスト(通称「入魂の生産」ベスト)で挑みます!モデルは小島課長。

今回の展示会には8万人の来場者が見込まれていますが。

「目的を持った新しいお客様と出会いたいと思っています。特に、既成の概念に
 捉われず新しい発想を持った設計の方と出会いたいですね。弊社の技術をフルに
 活用してご期待に応えたいと思っています」(小島課長)

サカイ-07 サカイ-09
恒例の「展示会、頑張るゾ!」のポーズです。
右から佐藤係長、町田さん、小島課長、私小吹。

我こそは新発想の設計技術の者なり!と自負のある、そこのあなた!
是非、サカイコンポジットさんのブースに足をお運びください!(^o^)/~
背中に「入魂の生産」の文字が入った青いベストが目印です。(#^o^#)

企業記事


サカイ・コンポジット株式会社