素材の撥水性検査装置。SAW&SPR-Tech有限会社の世界初。

「実に、興味深い!」(TVドラマ「ガリレオ」の湯川博士風にお読み下さい) (^^;



SAW&SPR-Tech有限会社の技術部長、松井義和様のお話を伺ってきました。



元々この会社は、静岡大学工学部の先生であった、塩川祥子取締役社長と松井技術部長の

両名がベンチャー企業として立ち上げたもの。



大学の研究室の一室が事務所で、雰囲気が「ガリレオ」みたいなのです。(^^)



SAW1

SAW2


左:技術部長の松井義和氏。

  大学研究室らしい雰囲気です。(^^;


右:撥水性とは「水をはじく」性質のことを言います。

  撥水性の高い素材の上に液滴をたらすと、その液滴は表面張力の影響で

  こんな感じで限りなく球に近くなります。



レインコートや雨傘などは、水をはじいた方がいいですよね。



SAW3


接地面と球の接線の間の角度のことを接触角といいます。

この接触角が大きいほど、球に近いワケですから、撥水性が高いといえます。

「撥水性検査装置」は、この接触角を測ります。写真はモニタ。




SAW4


何が世界初かと言うと「液滴振動式」を採り入れた検査機だからなのです。

これがその根拠となる理論式です。

理系のハシクレだった私も、この計算式には、んもう眩暈がします・・・!(笑)



「モノ(液体を含む)には、固有の振動数(自由振動数)があって、これを元に接触角を

 割り出します。従来は界面を決めてカメラ画像で処理していたので、人により

 誤差を生じていたのが、誰がやってもほぼ同じ結果になります」(松井部長)



SAW5

SAW6

「コンパクトだから、接地面に凹凸があっても測定が可能です。

 缶ビールのプルトップ面や、カメラのレンズの凹面でも、凸面でも

 測定できるのですよ」(松井部長)



ビールのキレ味を演出する要素の1つが、プルトップ面の撥水性だとか。 (゚△゚;)えぇ!?



SAW7

写真中央の右側が親水性の検査装置です。今回の展示会では、こちらも展示します。



親水性とは、撥水性とは全く逆の性質で、素材に液滴がべったり張り付く性質です。

接触角も低くなるので、検査方式も全く異なり「接触面積測定方式」を採り入れています。

表面が液滴に対し異方性を示す場合には、楕円のような接触状態になりますよね。



「ガラス壁面に汚れを付着させないためには、撥水性ではなく、親水性が高い方がむしろ

 良いのです。ホースで汚れを洗い流すイメージでしょうか。汚れは埃を含んだ水滴が

 そのまま乾燥するから付着するのです。汚れを付着させないためには、超撥水性か、

 逆に超親水性のどちらかがいいのです。両極がいいというのが自然界の面白いところ

 ですね」(松井部長)



SAW9

SAW10

SAW11

資料を持ち出し、熱心に説明してくださる松井部長。



SAW12

SAW13

SAW14

身振り手振りを交えて、熱心に説明してくださる松井部長。

「伝えたい!」という熱い気持ちが伝わってきますね。(^^)



SAW15

SAW16

SAW17

「実は一番苦労したのが、この液滴を垂らす装置なのです」(松井部長)

液滴が落着したときの揺れを光が感知して角度を割り出します。




SAW18

SAW19

SAW20

物には、すべて固有の振動数があり、同じ周波数のものと出会うと共振が起きるなど、

話が多岐に渡り、あっという間に時間が過ぎました。(^^)

右端の写真では、条件を変えて計測を何度も行った様子を話して下さいました。

こういう地味な努力の賜物が、成果に繋がるのだなと思いました。(#^^#)




SAW21

松井先生、長時間ご講義して頂き、ありがとうございました。



ちなみに、SAWとは「Surface Acoustic Wave」(弾性表面波)のことで、

SPRとは「Surface Plasmon Resonance」(表面プラズモン共鳴)のことだそうです。



応援ブログ記事一覧に戻る