スマートレーザーで勝負!超精密溶接の技術。テクノコート株式会社。

藤枝市にあるテクノコート株式会社さんに、もう一度取材にお邪魔しました!(^o^)/

対応して頂いたのは、今回も営業管理・企画の實石博司さんと齋藤祐司さんのお二人。



なんと、今回テクノコート株式会社さんは、

「スマートレーザー」という商標登録をしたそうです!      パチパチ!




お忘れの方にご覧頂きましょう、コレでございます。




テクノコート記事写真2


世に「スマート某」は沢山ありますが、良いネーミングですよね。 (^^)

「スマートレーザー」




テクノコート2-1


「いや~、弊社のことをもっと知ってもらいたくてネ!」と、

快活に話す営業の齋藤祐司さん(右)。左は小吹。



「普段はあまり意識しないと思いますが、世の中のモノの殆どは金型を使って作られている

 のですね。その金型が少しでも傷んだりしたら、今までは金型全体を変えていたのです。

 コレって資源の無駄遣いですよね。金型だって、ちゃんと保全をして大切に扱えば長持ちする

 のです。『地球に優しいエコマシン』造りは弊社の理念なんです!」(齋藤祐司さん 談)



うーむ、取材も2回目となると最初から熱く語ってくれるゼ、齋藤さん!(笑)



テクノコート2-2


「スマートレーザーが出る前には、デポシリーズで機械部品や金型の予防保全に

 取り組んで参りました」と、話す齋藤さん。



予防保全?



「つまり、金属を溶かした熱い液体が直接当たる部分など、金型にも傷みやすい

 個所があって、あらかじめ特殊なコーティングをし補強しておくワケです。

 NASAにも納入した実績があるのですよ!」(齋藤さん ちょっと自慢談)



え、NASA? NASAって、あのNASAですか (゚△゚;)!?



「そうです、アメリカ航空宇宙局のNASAです。どうもロケットのエンジンの

 内部に使われたらしいのですが、詳細はシークレットでした(笑)」(實石さん 談)



うーむ、實石さん、いつもクールなコメント、ありがとうございます!(笑)



テクノコート2-3


左:齋藤さん、中:實石さん、右:小吹(の後頭部と背中)



「実は、スマートレーザーの得意技は、『超精密溶接』なんです」(齋藤さん 談)



テクノコート2-4


小吹に手渡されたのは、直径0.1mm以下のパイプを2本並べたものを、溶接でつなげたもの。

私のますかけの手相にすっぽり収まるくらい、非常に細いです。




「これ、2本のパイプを6箇所レーザー溶接してあるんです。分かりますか?」




い、いや、肉眼ではちょっと・・・・(汗)!




テクノコート2-5

テクノコート2-6


左:iPadで説明してくださる齋藤さん

右:「ほら、この写真のように、パイプが2つ溶接されているのです」とのご説明。



「パイプですから、溶接で管の内部が潰れちゃうと使い物にならないのですね。

 これは光ファイバーが通るパイプですが、きちんと内径が確保されています。」(齋藤さん 談)



「実は、この超精密溶接と言っていいと思うのですが、スマートレーザーで

 出来ることの1つなんです!」(同)



え?スマートレーザーって、こんなことも出来るのですか??

肉盛溶接だけではなかったのですネ!!



今回の展示会には、このスマートレーザーと、超精密溶接のサンプルが提示されます。



是非、展示会のテクノコート株式会社さんのブースに足を運んで、実際に見てみて下さい。

できれば、齋藤さん、虫眼鏡も用意していて欲しいです・・・!





では、テクノコート株式会社さんの取材動画をご覧下さい。(^o^)/ コチラから↓↓