Oリング整列供給ユニット。株式会社サイダ・UMSの進化の過程。

シンプル イズ ビューティフル。

株式会社サイダ・UMSさんの、Oリング整列供給ユニットを形容するのに

ぴったりな言葉だと思います。(^^)



今回の展示会では、この機械を出展します。実際に見せてもらいに行ってきました。

対応して頂いたのは、営業技術本部の取締役副本部長の斎田安宏さんと、

同営業グループの小楠直也さん。



Oリング整列供給ユニットというのは、その名の通り、水道の蛇口のパッキングなどの

用途に使われるOリングを、整列させて供給する機械です。



「従来のパーツフィーダーでは、振動を与えてパーツを整列させていくのですが、

 Oリングの様なゴム製のものには不向きで、ちょこ停の原因になっていました」(斎田さん)



ちょこ停?



「製造ラインというのは、色々な部品が供給されて流れていくものなのですが、

 Oリングの供給が止まってしまったために、他も待ち状態になっている状況です」(同)



機械の故障というワケではなく、ちょこっと停まってしまったから「ちょこ停」というそうです。

うーん、なんと分かりやすい!(笑)



サイダ1


これがOリング整列供給ユニットの外観です。

本体は左側のアクリル製の透明のものです。



実際の動きは動画を見て頂きたいですが、簡単に説明すると、

ドラム内でエアーでOリングを飛ばしてやり、シュート部分に並べるというものです。



サイダ2


これはシュート部を上から見たところです。

実際にデモで動かしてもらったのを拝見したのですが、速い、速い。(^^)

あっという間に、Oリングがパパパッと並びます。



シュート部には、センサが2つあって、Oリングが少なくなったのを

検知するものと、満杯になったものを検知するものです。



「アクリル製(で透明)ですから、故障の箇所がすぐに発見できます。

 全部、手で外せるネジなので、メンテナンスが簡単なのです」(小楠さん)



サイダ3


デモでは、直径が1cmほどのOリングでやって頂きましたが、

これは小さい部類で、実際には、色々な大きさのOリングに対応できるそうです。



「これはタイプⅡというもので、実はバージョンアップしていまして、

 お客様の要望と弊社の試行錯誤を採り入れたものなのです。

 お陰様でリピーターとなって頂いているお客様もいらっしゃいます」(小楠さん)



どうやってエアーで飛ばすのですか??



「そこの部分は企業秘密です(汗)」(小楠さん)







シンプルに見えるものほど、実は深い真理(技術)があるのだと推察しました。(^^;

是非、展示会でのデモをご覧になって下さいネ!ホントに速いんだから。(笑)



応援ブログ記事一覧に戻る