鍼灸鍼の先端の超微細な技術。セイリン株式会社の開発秘話。

セイリン 1

 


先日、鍼灸鍼の専門メーカーのセイリン株式会社さんに取材に行って来ました。

対応してくれたのは、商品開発部の菊地佑介さん。(左側の男性です)


ノリの良い人で、商品サンプルの前で、一緒にポーズを取ってくれました。(^o^)/


このサンプルは、鍼の先端の模型で、1000倍の大きさです。


つまり実際の大きさは、この1000分の1なのです。





セイリン 2


右の模型と左の模型、果たして違いが分かりますか???


実は、先端が違うのです。

左は先端が尖がっていて、右は微妙に丸くなっています。


右の模型が、今回の展示会でアピールしたい「細先端」の技術。

鍼灸の先生(その中でも特にその道の権威)によると、先端が丸い方が

的確にツボを押さえるのに適しているそうです。



セイリン 3


セイリン 4



鍼は髪の毛の細さ(約0.02mm)で、顕微鏡で見ないと分からないくらい微細な技術なのです。


この製品開発に要した年月は、約15年。


長い期間にわたって、試行錯誤を繰り返し、やっと実用化に至ったそうです。


菊地さんが商品開発部に配属されたのが、今から5年前になります。



「ちょうど自分が商品開発部に来た時には、プロジェクトは頓挫しかかっていたのですが、

 社内でもう一度トライしてみようということになったのです。5年間のうち、自分が提案

 した企画は何回もボツになりました。商品になったときはメンバ全員で喜びましたね。

 ホントに嬉しかったです」(菊地さん 談)



是非あなたもブースに足を運んで、先の模型を手にとって欲しいです。

ステンレスで出来たこの模型は、かなり質感、重量感があります。



まさに「苦節15年の重み」なのです。





応援ブログ記事一覧に戻る