反省の技術。うまく行った時ほど反省会をする。

反省会という言葉を聞くと、あそこがダメだった、あれはうまく行かなかったとか、

失敗したときに原因を探る会だと、普通の人は連想するのではないでしょうか。



でも、うまく行った時ほど反省会をするべきだ、というのが私の持論です。(^^;;



だって、コチラの方がやっていて楽しいじゃないですか!



やり方のフレームワークをご紹介すると、以下の様になります。



1.うまく行った点を挙げる。

 1)

 2)

 3)



2.それらは、何故うまく行ったと思うか。(仮説)

 理由1)

 理由2)

 理由3)



3.さらに良い成果を挙げるには、どういう工夫すれば良いか。

 施策1)

 施策2)





良い時ほど、反省会を!  (^^)v





え!?  成果が出なかった時にはどうするのかって??



そりゃあ、残念会しかないでしょう!!  有り金持って、居酒屋直行です。(笑)