パイプ曲げ技術。作品ではなく製品に。(株)榛葉鉄工所の芸術性。

まずは、これらの製品群の画像をご覧下さい。




SIW1

SIW2

SIW3

SIW4

SIW6

SIW7


ここまでくると、芸術作品の域ですよね。(^^)



Kawasakiなどのバイクのマフラーの製作で有名な、株式会社榛葉鉄工所さん。

社内の陳列棚には、歴代のバイクのマフラーが並んでいます。



今回の展示会でアピールしたいのは、そのマフラー製作で培ったパイプ曲げの技術。

1d曲げという高等技術の実績もあるそうですよ!

これは、パイプの曲がりの半径がパイプの直径と同じ、という比率で曲げる技です。 (゚△゚;)え?



右上の写真など異形のパイプ(薄板)を曲げて加工する技術は、金型を使用しないので、

小ロットの生産の場合にコストパフォーマンスがいいのです。




SIW8


左から、技術営業部の渡辺さん、小吹、守谷さん。渡辺さんはこの道のエキスパート。



「私たちは、この品質のパイプを1本だけではなくて、1万本作ることが出来るのです。

 『作品』ではなく『製品』が作れないと、私たちの世界では意味が無いのです」(守谷さん)



「お客様からは、機能的な精度と造形的な精度の両面が求められますね」(渡辺さん)



タイなど海外にも拠点があるこの会社には、試作から量産まで出来る強みがあります。




SIW9

SIW10

パイプを曲げると、どうしても内側の密度が高くなり、外側が薄くなる気がするのですが。



「曲げるときに、内側はヘラの様なもので伸ばし、外側も薄くならない様な工夫が

 されています。こんな太いパイプでも曲げる瞬間の時間は、1~2秒です」(守谷さん)



「パイプの肉厚や径も一定になる様にしています。お客様によっては、最終的な確認段階で、

 丸い球をパイプの中に転がして確認することもあります」(渡辺さん)




SIW11

SIW12


これは、株式会社榛葉鉄工所さんで設計・製作した「ハンドバイク(手で漕ぐ自転車)」。

パラリンピックの競技にもあるヤツです。 (^^)

チタン製のフレームには、パイプ曲げ技術が使われています。



SIW13

SIW14



左:チタン製フレームの自転車は、大人の男性なら片手で持ち上げられる位の軽さ。

右:マグネシウム製のフレームの試作品。とにかく軽い。





異形パイプ、パイプ曲げ、チタン加工など、あらゆる技術を駆使して、

芸術作品を思わせるレベルまで作成してしまう、株式会社榛葉鉄工所さん。



展示会では、是非、ブースに立ち寄って、その精巧さを実際に見て頂きたいです。

その場で技術相談も可能とのことですよ! (^^)



応援ブログ記事一覧に戻る