株式会社 榛葉鉄工所


二輪マフラー専門で培った曲げの技術。

金型レスで複雑な形状を可能に。



株式会社榛葉鉄工所



http://www.shinba.co.jp/




マフラーやエキゾーストパイプといったオートバイの排気部品を中心に、パイプの曲げ•プレス•溶接技術を用いた製品を供給する同社。開発から製造までをバイクメーカーから委託され、シェアは業界トップクラス。海外にも工場を構え、全世界を視野に入れて活動する榛葉鉄工所は、二輪マニアの中でも良車との呼び声高いカワサキ750Z2(1973)の純正マフラーを製造していた歴史の古い企業でもある。

_DSC6434


業界黎明期に3次元での解析•開発システムをいち早く導入し、その技術はかねてから高い信頼を勝ち得ている技術系集団だが、昨今では、チタンマフラーの量産ラインを業界初で実現した実績を持っている。自社工場内で試作から量産まで一貫して対応ができるあたりは、さすがマフラー専門メーカーといったところ。製品の曲げや切断、加工を一括請負できる設備資源も充実している。

_DSC6505


さらに、最先端のファイバーレーザー加工技術も導入し、極小ピッチの溶接や刻印等、特性を活かした製品とともに試作にも意欲的に対応。金型レスで複雑な形状を可能にする技術•頭脳的なノウハウも持ち合わせ、金属に関してもアルミの次の素材との呼び声高いマグネシウムによるパイプ製品も開発中だ。金属の収縮•内縮•外拡に砕身の注意をはらった曲げ技術は、シワひとつない美麗な輪郭を生み出し、それはもはや排気部品を越えた官能美すらたたえる芸術品のよう。

_DSC6529


BtoB製品だけでなく、手で漕ぐ自転車「ハンドバイク」をチタンフレームで試作し、SC-10W、SC-12T(レーシング仕様)といった形でのパッケージを提案し、エンドユーザーとの接点も模索している。


応援ブログ記事



ロボット溶接で高品質マフラーの量産を。(株)榛葉鉄工所の取り組み