双和プラスチックス工業 株式会社


強度、軽量、コスト低減を併せ持つ

CFRPの真空成形技術。



双和プラスチックス工業株式会社



http://www.souwa-pl.co.jp/




製品を収納して梱包する際に使用される「トレー」。従来の気機械加工ではコスト高のため、プラスチックの成型品を検討している企業から「コスト面ではもちろん軽量化に加えてワークの保護性も維持したい」そんな依頼に真空成形技術で応える双和プラスチックス工業株式会社。

IMG_8441


真空成形はシート状のプラスチックを加熱して型にあて、シートと型の間を真空状態にして引き延ばし、成形する技術で射出成形では困難な形状のものや極めて薄いものまで加工できる。
輸出用コネクターを収納して送る際のトレーやスイッチの保護カバーなど海外からの依頼もあり、生産品は世界中で使用されている。

IMG_8436

この度、強い強度と軽さを併せ持つCFRPの真空成形にも初めて成功した。自動車、航空機、家電、OA機器などこれから様々な分野で広範囲な用途が期待されている。

応援ブログ記事



CFRPの加工を真空成形法で行う。双和プラスチック工業(株)の試み