SAW&SPR-Tech 有限会社


コンパクトな撥水性および親水性測定器

アタッシュケースに納まるサイズが魅力。



SAW&SPR-Tech有限会社



http://saw-spr-tech.jp/




SAW&SPR-Tech有限会社は静岡大学ベンチャー企業だ。塩川社長は静岡大学工学部で17年間、学生や院生、教官研究者と技術開発と新装置の提案を行ってきた。その成果に基づき、全く新しい原理による「ポータブル撥水性・親水性測定器」を開発した。

48


従来、素材の撥水性・親水性の測定は顕微鏡画像をカメラで取り込み、水滴と素材の接触角を測定していたために分析するまでに時間がかかっていた。またその際に素材との接地面が歪んでるものなどは測定が不可能であったが、布や球体の内側なども測定可能という。

IMG_7796


SAW&SPR-Tech(有)が採用した原理は「液滴振動法」で微量の水滴を素材の上に落下させると滴が着面する衝撃によって振動する。その様子をLED光を照射して捉えて水滴の振動数を計り、素材との接触角を測定するというもの。世界初の試みだ。価格は従来の1/3以下の70万円~80万円価格で小型なため中小企業にも導入しやすい。


応援ブログ記事



世界初の液滴振動式撥水性評価装置。SAW&SPR-Tech(有)