パーツフィーダーの問題を解決。Oリング整列供給の(株)サイダUMS

5月2日(金)、焼津市にある(株)サイダ・UMSさんに取材に行ってきました。

対応してくださったのは、専務取締役の斎田安宏さんです。

サイダ・UMSさんは昨年に引き続き、2年連続の出展となります。(^^)



IMG_1844

左が斎田さん、右が私小吹です。

斎田さん、今年もよろしくお願いします。(^^)

昨年に引き続き今年も
「Oリング整列供給ユニット」
を出展されますよね?



「はい。この製品は弊社の中でも20年弱のロングラン製品ですが、まだまだ世の中に

 知られていないと思っておりまして、潜在的なお客様のためにも同じものを出展します」(斎田さん)



前回と違う点はございますか?



「はい。前回はデモ機による展示でしたが、今回はテスト機を持ち込もうと考えています。

 デモ機では1つのワークしか扱えませんでしたが、テスト機は様々な形状のワークを扱えます。

 シューターを取り替えることで簡単に切り替えられる点も見て頂きたいです」(斎田さん)



IMG_1848IMG_1849IMG_1851

左:これが「Oリング整列供給ユニット」

中:シューター部を取り外しているところです。工具レスなので全部手で外せます。

右:「Oリング」は、手のひらに乗るくらい小さいです。可愛らしい大きさです。(#^^#)



「元々パーツフィーダーは、部品を振動させて整列供給するものでした。しかしOリングの様に

 ゴム製で柔らかくて振動を吸収する部品には不向きでしたし、供給時に『ちょこ停』も発生して

 いました。でも、弊社のこのマシンならそれらの問題が解決できます」(斎田さん)



 ちょこ停:マシンのトラブルではなくワークが上手く流れなくいことで発生する、ラインが

      待ち状態になり止まってしまう現象のこと。チョコっと停止するので、ちょこ停。(^^)



IMG_1845IMG_1846

実際のOリングはどれくらいの大きさに対応しているのですか?  (゚△゚;)?



「P規格で言うところのP6~P20です。その他、企画外品も対応可能です。

 これらはあくまで目安として考えて頂ければ結構かと思います」(斎田さん)



IMG_1858IMG_1865IMG_1860

左:比較するとワークの大きさの違いを実感できますね。

中:これらが整列供給可能なOリングたちの1部。小さいものから大きいものまで可能です。

右:右側の線の細いワークは不向きとのことです。撓んでしまうからだそうです。(^^)



「お客様にとっての規格品のメリットは、量産による単価の安さと入手のし易さ、弊社のマシンで

 動作した実績があるという安心感ですね。でも実際は、お客様の機械に合わせた企画外品の方が

 ニーズがあります。最近出展した展示会では噂を聞きつけてワークを持ち込むお客様がいらっ

 しゃって、嬉しい悲鳴を上げています(笑)」(斎田さん)



Oリングなら何でも行けるというワケではないのですね?



「大きくなればドラムに入る量が限られてきますし、Oリングと言いましても丸い形状ばかりでは

 ないですから。とにかくワークをお預かりし、最適な条件を見つけ出すテストをしなくては

 きちんとした回答は出来ないですね」(斎田さん)



様々な条件が関係してくるのですね・・・・

※実際にお客様からお預かりしているワークを見せて頂いたのですが、これがOリング?という

 形状のものまでありました。写真を掲載出来ず残念ですが。(^^;;



IMG_1850IMG_1856IMG_1857

左:シューター部もワークの径により種類が多数あります。

中:心臓部のドラム部。エアーでワークが舞い上がります。

右:瞬く間にワークが溜まります。空気圧でマシンガンの様に射出されます。



このマシンで一番難しい点は何ですか?



「このシュート部です。どうやって詰まらずにワークを整列させるかが難しかったですね。

 ここがミソなんですね。なのでお客様のワークに合わせて設計し直します」(斎田さん)



自社ブランドの新製品も出されるとお伺いしましたが。



「はい、今年の秋に自社のブランドで旋盤機を発売予定です。

 工作機械メーカーとして前進して行きたいです」(斎田さん)



IMG_1842


恒例の、「展示会、頑張るゾ!」のポーズ。(笑)





こういうものが飛ばせる(整列供給できる)のなら、ウチのこの部品はどうだろう?

なーんてちょっとでも疑問に思ったら、まずは
サイダ・UMS
の斎田さんに相談してみて下さい。



問題解決の糸口がきっと見つかりますよ!! (^o^)v





企業記事



株式会社サイダ・UMS