変える勇気と変えない勇気。株式会社親和製作所の一貫性。

皆さん、こんにちは。
トラヤテレビサービスの営業担当の小吹(おぶき)です。



今年の機械要素技術展2014でも、各社の応援ブログ担当になりました。

一生懸命、出展企業の皆様をご紹介させて頂きますので、よろしくお願い致します。(^^)



まず、春まだ浅い4月1日に、トップを切って、
株式会社 親和製作所さん
にご訪問しました。

親和製作所さんは湖西市にある、装置設計、切削部品製作、板金部品製作、装置の組立を

行っている企業です。今回の出展企業の中では、一番西端に位置します。



対応して頂いたのは、第一事業部 業務課の片山様と野村様です。



親和製作所さんは、昨年に続き2回目の出展です。

ですから最初からとてもフレンドリーでした。 (#^^#)



IMG_1324


左から、野村さん、私(小吹)、片山さん。



_DSC5580_1_resize_DSC5589_resized


左:展示会場で実際にブースに立つメイン担当の野村さん。

右:どこか親しみやすい雰囲気の片山さん。



久しぶりにお会いして、私がまず抱いた印象が「野村さん、なんか凛々しい(゚△゚;)!?」(笑)

昨年にお会いした時と比べて落ち着かれたと言いますか・・・!

いつもの笑顔の中にある種の決意の様なものが感じられたのです。私の勘繰り過ぎでしょうか?



_DSC5594_1_resized_DSC5597_resized_DSC5599_1_resized


左:今回の展示物の数々

中、右:精度の高さが伺える展示物たち



_DSC5601_1_resized_DSC5602_1_resized_DSC5615_resized


左:この角の部分と微妙な曲線がたまらないですね! (≧▽≦)/

中:まるでブタさんの顔のようです。(笑)

右:美しい!



_DSC5620_resized_DSC5623_1_resizedIMG_1315


左:顔? (笑)

中:1つ1つの穴と、各所にある曲げの状態に精度の高い技術が伺えます。

右:平成23年に医療機器製造業許可証も取得



_DSC5667_1_resized_DSC5635_1_resized


左:こちらは工場の様子。オートメーションで動きます。

右:様々なドリルの刃、切削工具たち。武器が沢山並んでいる様でドキドキします。(#^^#)



ところで、野村さん、今年で2年連続の出展となりますが、

昨年と違って何か変えるところはあるのですか?



_DSC5592_resized


「もちろん展示するものを一部変えたり、展示の仕方も大いに変えるつもりです。

 しかし、私たちの姿勢は昨年と全く変わりません」(野村さん)



IMG_1297-2IMG_1299


左:
設計~切削~板金~組立まで一気通貫
で請け負えます。

右:丸投げOK!親和製作所



親和製作所さんの最も優れた点の1つは、お客様が安心して仕事を丸投げできるところ。



「展示会のブースに来られたお客様は、弊社の出展物を見て、こういうことが出来るのなら

 この部分をもっとこう出来ないの?と言われる方が多いですね。

 最初のお付き合いでは工程の一部を任せて頂ける形ですが、そのうち部品調達から

 組立まで任せて頂ける様になりますね。その方がお客様も楽ですしね」(野村さん)



_DSC5575_1_resized


「いや~、今までお客様から多くの難しい要求に応えて来ましたからね」(野村さん)



野村さんの目が一瞬光った様に私には感じられました。

自分たちはこのスタイルを貫くんだ・・!そんな決意が垣間見れた瞬間でした。



今までのやり方をガラリと変える勇気、そして姿勢を貫き、決して変えない勇気。



私が野村さんの中に最初に見たものの正体は、実はコレだったのだと合点がいったのです。





IMG_1321


注意:先ほどのブタさんに見えるサンプルを鼻に当てる私。フンゴッ。



このブログを読んでいる皆さん!

是非、親和製作所さんのブースに足を運んでくださいね!

設計、切削、板金、組立と、どの分野の技術相談も大歓迎です。 (^o^)/~



企業記事


株式会社 親和製作所