株式会社 親和製作所


難削材切削加工・板金・組み立て・一貫生産



株式会社親和製作所



http://www.ss-shinwa.co.jp/



産業機器メーカーから医療・介護業界の企業をメインに、アルミ・ステンレス・鉄・チタン・インコネル・スーパーインバーといった難削素材の加工など、切削と板金の部品製作及び、装置の組み立てまでを自社工場で完結させる親和製作所。
切削加工はアルミ中心に、板金加工は鉄板を中心に受注しており、塗装鋼板等も加工できるという。様々な業種の装置の内装部品や表面パネル等、傷などの外観基準が非常に厳しい部品の加工も行い、その加工技術は業界でも高評価。部品単体の設計から装置の完成まで、依頼する段階やボリュームも依頼元が自由に選べる柔軟な受注態勢も特徴的だ。

切削部品のスケールは幅1400mm、奥行き3500mmのマシンニングセンタの可動範囲内であれば、どのサイズでも対応可能。板金加工は自動販売機2台分ほどのサイズの加工実績があり、手のひらに乗るものから大きなものまで、部品の加工スケールも広範囲にカバーしている。

_DSC5600-01

_DSC5598_1

例えば、難削素材の加工はA社、一般的な素材の切削加工はB社、板金加工はC社といった振り分け発注を行っているメーカーにとって、親和製作所は強い味方。一括請け負いが可能な同社に相談することで、サプライチェーンの見直しやコストダウン、合理化の良きパートナとして寄り添ってくれるのも嬉しい。


さらに、QMS省令の厳密な必須遵守項目を設けた医療機器製造業許可を装置組立部署にて取得・保持しており、部品製造においても高い対外的信用と信頼を示している。

_DSC5589第一事業部 業務課 課長 片山様

_DSC5574第一事業部 業務課 課長代理 野村様



また、設計段階から打ち合わせに加わることで、「コンカレントエンジニアリング」を実施する客先もあり、綿密な打ち合わせがあれば、後はお任せといった依頼も可能だという。



応援ブログ記事



変える勇気と変えない勇気。株式会社親和製作所の一貫性。